やや愚痴になりますが、、自分の子供たちが小学校に入学するという場合、どこのご家庭でもランドセルはいいものを買ってやろうという気持ちになることは間違いないのですが、今売り出されているものを見ると、余りにも高額過ぎるのではないかと思ってしまいます。

孫は現在は高校2年生、中学3年生、小学校6年生で、小学校入学時に3人へおじいさんおばあさんとしてランドセルをプレゼントしましたが、どうしてこんなに高い値段を設定しているのだろうと、その都度感じました。

6年間使うものだから、材料も吟味し、縫製もしっかりするということで、作る方も大変には違いないことは理解できるのですが、そのことを割り引いても、やはり高すぎると言わざるを得ません。

買わざるを得ないものだから多少高い値段設定でも売れるという、えげつない商いの姿勢が彷彿しているようにすら見えます。

もう少しお客様本位で価格設定することを望みます。

本当は価格破壊をする企業が登場してもいいはずで、そこが多くのお客様に支持されるはずなのですが、この業界は不思議なことに、そういう現象が起こりそうもないのです。比較の上で、多少安い価格設定のところもありますが、他のメーカーのお客様を呼び込むところまでには至っていないというのが現実の姿となっています。