■子供から聞いた話〜子供の失敗談〜

小学生の子供は、友達と外で遊んだり学校が終わり帰宅途中でもいろいろと友達とはしゃいでいることが多いらしく、寄り道をして遅くなってから帰り、よく私に怒られています。

6月の梅雨の時期、ランドセルの中には教科書やノートなどかなりの量を詰め込んだ状態で帰宅してきました。
雨が降っているので傘を差しながら、友人達と傘をくるくると回して雨水をわざと飛ばしあいっこしたり遊んでいました。その時、ランドセルを閉め忘れているとはわからず、傘を落とした際に前かがみになり傘を拾おうとした瞬間、背中からどさどさとランドセルの中身が大量に放出されたそうです。

一瞬何が起きたか判断できませんでしたが、ランドセルの閉め忘れていたことに気付いた子供は、すぐに落とした教科書やノートなど拾い集めました。友達も協力して集めてくれましたが雨の中だったためかなり濡れてしまったので、ちょっと泣いてしまったそうです。ノートの数冊が水溜りに浸かってしまいぐちょぐちょに濡れてしまって悲しかったそうです。

帰宅後、私からもいろいろと小言を言われましたが、その後はランドセルの閉め忘れのないように毎回注意してから帰宅するようになったので、必要な失敗だったのかなと思います。